}PSTAFFuO

みなみらんぼうの一歩二歩山歩

読売新聞の夕刊の連載に「みなみらんぼうの一歩二歩山歩」が716話も続いている。中村みつをのイラストとみなみらんぼうさんの軽快な山旅のエッセイが好評だ。今日の話は島々から歩いて徳本峠から上高地まで歩く話だ。その中に「三木秀綱公奥方侍女悲運の跡」の歴史秘話も出てくる。ゴールドコースの候補問題にしようとしていたところだ。

ところで徳本峠は日本アルプスが知られるようになった大正時代のメインルートで上高地への唯一のルート。徳本峠の小屋も名物だ。

この「徳本峠」の読み方は知っていますよね。必ず覚えておいてください。

Category: 傾向と対策, 未分類