}PSTAFFuO

夕焼け小焼けで日が暮れて、

「夕焼け小焼けで日が暮れて、山のお寺の鐘が鳴る。・・・」「夕焼小焼」という童謡は日本人なら誰でも知っています。この歌の情景は東京郊外・八王子市(東京府南多摩郡恩方村)で、高尾駅から陣馬高原下を結ぶ路線にあり、バス停も「夕焼小焼」がある。この曲は1919年に作詞され、1923年に草川信によて作曲された。
この曲を作詞した人は誰か?
1.中村雨紅  2.山田耕筰  3.野口雨情  4.宮沢賢治
奥多摩を歩くと日本の原風景とも言える、のんびりした田舎の風景を見ることができる。陣馬山の帰りにでもトレランに行った時にでも一休みして、公園を散歩することをすすめする。
通るたんびに気にかかるのでメモしましたが、問題には出ないと思います。山の楽しみは、知らない土地や人に出会うこと。

Category: 未分類