}PSTAFFuO

雪崩テスト

雪崩の弱層テスト
img021.jpg
テレマークの初滑りをしてきた。ザックのポケットからこのような「雪崩の弱層テストJ.W.A.F」というカードが出てきた。このカードにはおもりと角度計がついて山の斜度を測れるようになっています。ヘースケはザックのポケットにいつも入れています。
そこで問題。
ハンドテストでの目安に「手首だけで引いたら剥がれた」、スキージャンプテストでの目安に「ブロックにのるか、屈伸したら崩れた」と記載されている。ではこの項目に当たる「行動の可否」はどう記載されているでしょう。
①危険 ②行動不可 ③注意 ④行動可能
もう一つのカードは「ショベル・コンプレッション・テスト」。このカードに記載されている、記号評価CTV、「切断の目安・積雪内部の弱層の破壊」は4角柱を切り出している最中に剪断、「ショベルに加える力」は、なし、ではこの蘭に記載されている「積雪の安定度と行動の可否」は、どう記載されているでしょう?
①非情に不安定・危険・中止 ②吹溜・急傾斜地は注意 ③概ね安定・注して行動 ④不安定・行動変更・中止
このカードの裏面には「雪崩の危険を知る(雪崩れ地形と積雪を不安定にする気象)のチェックリストが記載され、行動を決定する前にしっかりと雪崩の危険判断を促している。
問題1.○○に記入されている数字はどれか? 
雪崩の発生しやすい地形とは、斜面の傾斜が○○度から○○どの範囲にある。
① 30~45 ② 10~20 ③20~30 ④5~10
問題2.積雪を不安定にさせる気象とは?
降雪量が○○cmを超えた(24時間以内)
① 30 ② 10 ③20 ④5
問題2.積雪を不安定にさせる気象とは?
強い風が吹いた(風速○○m以上)
① 7 ② 2 ③30 ④20
img023.jpg
img022.jpg
※雪崩は「こんなところで起こるの」といった処でも発生します。弱層テスト等でチェックするのはもちろんですが、各自で判断できるよう訓練しましょう。
こんな問題はブロンズコースでは出ないと思います。

Category: 未分類