}PSTAFFuO

幻の銘品 ピッケル

下記の写真を見てピッケルの銘柄を当てた人はゴールドコース間違いなし。へー助の山仲間も当てた人は少ない。この写真をいただいた山の先輩はRCC2のT先輩、今でも現役でクライミングしています。
では、写真1 このピッケルの名前はimg011_convert_20111016172145.jpg
では、写真2 これで分かりますか?
img012_convert_20111016172256.jpg
img010_convert_20111016172324.jpg
それでは、この写真。そうブランド名を読めると思います。
クリスチャン・シェンクはアイガーやユングラフで有名なスイス・グリンデルワルドの鍛冶屋だった。端正な曲線と優美で鋭い作風で知られ、山用具を一つの芸術品といえるまでにした職人であった。大正10年9月、慶応大学山岳部OB槇有恒がアイガー東山稜初登攀の時スイスから持ち帰り紹介したという。
ピッケルのコレクター垂涎の的でもある。誰かシェンクを持っていませんか?山の博物館の資料を参考にさせていただきました。

Category: 未分類