}PSTAFFuO

山の数え方

山の数え方について、ヒマラヤ14座と言ったように一般的には「座」が使われると思いますが、標高の低い山では「山」と数えるという主張もあるようです。設問は、”山を数える単位として最も一般的な呼び方”となっていますが、山を指さして数える時、一座、二座、三座、四座、・・・と自然に口に出てきますが、一山(ざん)、二山、三山、四山、五山とは数えないと思うのです。”山”の場合は、むしろ、三山とか五山という山の集合体を象徴的に表す場合に使われているのだと思います。ほとんどの方が「座」と答えてくれました。

Category: 未分類