}PSTAFFuO

穂高岳の名前の由来

岳人の憧れ穂高岳は3190mの奥穂高岳を盟主として、北穂高、涸沢岳、前穂高、西穂高、明神岳の穂高連峰をの総称だが、穂高岳は、むかし御幣岳(ごへいだけ)と言ったそうだ。空に聳える岩峰が神事に使う御幣の形に似ていたからだ。また、奥岳(おくだけ)とも呼ばれた。むかしは徳本峠を超えてやっと仰ぐことができた山奥にあったからだろう。
穂高の名前は、岩の秀(ほ)の高いところからきて、秀は穂に通じたようだ。ヘェーでしょう。
hodaka-4.jpg
では、穂高岳に最初に登った人は誰でしょう?
明治26年夏、嘉門次を連れたウェストンと云われているが、それよりわずか前に、やはり嘉門次を連れた陸軍省の視察員だったそうだ。このとき登った穂高は前穂高で、そこが最高点だと思われていた。ヘェーでしょう?奥穂高が登頂されたのは明治39年、陸地測量の時だそうだ。
hodaka-2.jpg
ではでは問題
穂高は鳥も通わぬ滝谷を擁するいわゆる日本三大岩場と云われていま。もう一箇所は北アルプスの剱岳ですね。では、あと一つはどこの山でしょう?
1.谷川岳 2.利尻岳 3.妙義山 4.鹿島槍ヶ岳
一の倉沢やマチガ沢で有名ですよね。
hodaka-3.jpg
hodaka.jpg

Category: 未分類