}PSTAFFuO

検定対策 天気・気象 その4

こんにちはHooterです。
前回の続きです

 

1 初冠雪
初冠雪とは、麓の気象台(測候所)が山に初めて雪が積もったことを確認した日。
初雪ではありません。
初冠雪の平年日 … 目安として
大雪山(旭岳) 9月25日頃
鳥海山     10月9日頃
立山      10月8日頃
富士山     9月30日頃
甲斐駒ヶ岳  10月27日頃
伯耆大山    11月1日頃
阿蘇山     11月14日頃
浅間山     10月28日頃

 

各気象台がそれぞれの地域での初冠雪を情報提供しています。
参考までに甲府地方気象台のHPを紹介します。
http://www.jma-net.go.jp/kofu/menu/siryo_hatsukansetsu.html

 

2 雷
(1)発生
雷は積乱雲の中で発生。放電が落雷。
大気が不安定な時(地面付近の温かい空気と上空の冷たい空気の温度差が大きいとき)に発生

(2)区分
1 熱雷 地表面が強く温められることで発生⇒低山に多い・午後発生しやすい 谷川岳など
2 界雷 寒冷前線に沿って発生 ⇒ 高山
3 渦雷 低気圧や台風による強い上昇気流によって発生した雷雲による雷
4 熱界雷 両方の性質 高山、どの時間帯でも発生

(3)対策
・ストックを振り上げるのは危険。尖ったものは自分から遠ざける。
・少しでも低いところへ逃げ込む。
・高木があるときは、木の高さの半分以上の距離をおいて低い姿勢をとる。

・両足を閉じ、へこみこむ
・地面に寝そべってはいけない

 

気象庁では4m以上離れることを呼びかけています
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/tenki_chuui/tenki_chuui_p9.html

 

今回、初冠雪をとりあげましたが初雪も定義があります。高山では夏に雪が降ることもあり、それがシーズン最後の雪なのか?初雪なのか?・・・という問題にならないようにしています。
また雷について触れましたが、発生しやすい環境を知ることが大切です。内容的にシルバーコース向なので割愛しました。シルバー以上を目指す方は高層天気図での気温、寒冷低気圧は是非ともおさえておきましょう。

 

さて再び天気・気象はお休みして、次回からは別の分野です。

Category: blog