}PSTAFFuO

検定対策 天気・気象 その3

今日はHooterです。
今回は、天気と気象の続きです。
よく出題される高気圧と低気圧、前線をとりあげました。

 

1 高気圧
高気圧とは周辺より気圧が高いところ。
高気圧の中心では下降気流が生じ、風は時計回りに周辺に吹き出す。
⇒ 冷えた空気が中心に溜まって、周辺に吹き出る
中心は雲がなく晴れやすい、周囲では風が強まり天気が崩れやすい

 

2 低気圧
低気圧とは周辺より暖かいところで発生。周辺より気圧が低い。
低気圧の中心では上昇気流が発生し、反時計回りに空気が吹き込む。
中心では雲が発生し、天気が悪い

 

低気圧は悪天候=遭難の要因に関係し問題になりやすい。少し細かいことを書いておきます。
温帯低気圧・・・温暖前線と寒冷前線を持つ
①日本海低気圧、②南岸低気圧、③二つ玉低気圧
寒冷低気圧・・・寒気のみで前線を伴わない
熱帯低気圧・・・暖気のみで前線を伴わない。台風はこれ。

 

気象庁のHPがまたまた参考になります(はれるんランド)
http://www.jma.go.jp/jma/kids/faq/b1_21.html
http://www.jma.go.jp/jma/kids/faq/b1_13.html

 

※ 高気圧・低気圧とも周囲との関係で判断されます。気圧は○○hPaで表示されますが、例えば3つの地点の気圧が、①1015hPa、②1012hPa、③1009hPaとした場合、最も気圧が高いのは①、低いのは②ですが、①が高気圧、③が低気圧とは限りません。

 

3 気団
気団は高気圧が長く停滞した結果、温度や湿度の性質が同じようになった、空気のまとまり。
温度⇒暖かいOR冷たい、湿度⇒湿潤OR乾燥があります。温度と湿度の組み合わせは4つ=4つの気団が日本の周囲にあります。
この性質の異なる空気の境界にできるのが前線です。

 

4 前線
4つ覚えましょう。
(1)温暖前線 ・・・ 半円マークが並びます。寒気があるところに強い暖気が入り込んで発生。
前線の近くは低いところで乱層雲が発生し、遠ざかるほど高層雲、巻層雲、巻雲と高いところで雲が発生。温暖前線の東側では雨の降る範囲が広く、300キロ程度は降雨域だそうです。
(2)寒冷前線 ・・・ 逆三角形マークが並びます。暖気があるところに強い寒気が入り込んで発生。
暖気が上昇気流となり積乱雲や積雲が発生する。降雨域は70キロ程度。
(3)閉塞前線 ・・・ 寒冷前線が温暖前線に追いついた状態の前線。半円と逆三角形マークが並ぶ。乱層雲から前線通過時は積乱雲へ。
(4)停滞前線 ・・・ 2つの気団が釣り合っている状況。前線の南側にある凹部分に暖かい空気が入ると大気が不安定となり大雨です。

 

5 台風
熱帯低気圧のうち瞬間風速が17.2m/秒以上のものを台風といいます。
暴風域(25m/秒以上)では山の稜線では行動不能、強風域(15m/秒以上)では行動困難
予想円とは台風の中心が70%の確率で到達する範囲をいい、暴風警戒域とは予想円に進んだ際に暴風域の恐れがある範囲をいう。
また台風は太平洋高気圧の縁に沿って進む傾向があります。

 

次回も天気・気象です。

Category: ブログ, 傾向と対策