}PSTAFFuO

誰でも信じない?

山で道に迷わないようにするために、行なわないほうが良い事を選びなさい。(ブロンズ)

1.行動中にはこまめに地図で現在地を確認する。

2.「あれ、おかしいな」と感じたら、それ以上進まずに引き返す。

3.行き逢った他の登山者にルートを確認する。

4.コンパスと地図で次の目的地をセットしながら行動する。

【正解】3.

【解説】登山道を歩いているときに、すれ違う登山者に「××山はこっちでいいんですか」などと道を確認するのは、ありがちな話であるが、その情報が正しいとは限らない。ほかの登山者の言うことを鵜呑みにして、道に迷ったり遭難してしまったりするケースも実際に起きている。「ほかの登山者から情報を得るな」とは言わないが、その情報には主観や思い違いが含まれているかもしれないので、鵜呑みにしてはならない。山で道に迷わないようにするには、地図やコンパス、GPSなどのナビゲーション・ツールを使って、現在地を確認しながら行動するのが一番である。

*ツアー登山の参加者には、自分の登る山を知らない人がいるらしい。って、聞いたことがある。ホントかな?

Category: 傾向と対策