}PSTAFFuO

徳本峠、なんて読む?

近代登山の黎明期の登山家小島烏水は[上高地]とは明治以降の表記で本来は[神河内]だったと主張しています。穂高神社奥宮があり、[神降池]や「神垣池」など、神の領域だったと主張しています。さて、上高地の地名は人の名前に由来している名前が多いのですが、上高地のアプローチの徳本峠も[徳吾]から由来しているようです。

さて、この徳本峠の読み方は?

Aとくもととうげ B:とくごうとうげ C: とくべえとうげ  C:とくごとうげ

Category: 傾向と対策