}PSTAFFuO

遭難者について

近年、中高年の山岳遭難の増加が叫ばれている。

さて、2014年の山岳遭難者数は2293件であったが、次のなかで最も多い年齢層を次のなかから選びなさい。

1.30歳代 2.40歳代 3.50歳代 4.60歳代

毎年、遭難者の実態について質問される。2014年度の山岳遭難は2293件。40歳以上が76.4%、50歳以上が50.1%。半分以上が50歳以上ということになる。単独遭難者のうち死亡・行方不明者は20.2%で悲惨な決壊になる可能性がある。

Category: 傾向と対策