}PSTAFFuO

日本最古の山小屋

この小屋は現存する日本最古の山小屋として重要文化財にも指定されている建造物です。立山の霊地としての歴史は古く、奈良時代の後半には信仰活動が行われていた痕跡が確認されています。江戸時代には活発な布教活動により参拝目的の登山者が増え庶民化してきました。庶民の立山登拝にはガイドが同行していました。

立山のガイドをなんて呼ぶでしょうか?   

1.中語(仲語) 2.御師  3.先達  4.先生

*立山には何度も山登りに出かけていますが、改めで、[立山室堂]の最古の山小屋を見るのは初めてです。中はちょっとした博物館のようになっていて、立山信仰の歴史がよく解るようになっています。

Category: ブログ, 難問・愚問・イチャモン