}PSTAFFuO

ハマイバ丸

大菩薩から小金沢連嶺に行くので登山地図をひろげると、この地域には面白い名前があるのに気がついた。ハマイバ丸、大蔵高丸、白谷丸、赤岩ノ丸、大谷が丸、コンドウ丸、オッ立なんて言うのもある。マルというのは古い朝鮮語の山をしめす「モリ」、現代の「マル」が語源ではないかという説があるらしい。へぇ~。ハマイバ丸も諸説紛々のようだが、誰か知っている人はいませんか?

では、オッ立はどんな意味があるのかな?どうしてもオッ立は上を向いた何を想像してしまうのはへー助だけだろうか?誰か知りませんか?ほかにもホリヌキドウミや小沢ドウミなんて地名もある。不思議な地域だ。

Category: blog