山を知るほど、山を楽しくなる。山の基礎知識を学んで、安全登山を。

山を知るほど、山を楽しくなる。山の基礎知識を学んで、安全登山を。

山を知るほど、山を楽しくなる。山の基礎知識を学んで、安全登山を。

山を知るほど、山を楽しくなる。山の基礎知識を学んで、安全登山を。

山を知るほど、山を楽しくなる。山の基礎知識を学んで、安全登山を。

山の知識検定公認ブック

山の知識検定公認ブック
新装版「安全登山の基礎知識」販売中。

購入する

ヤマケン・バッジのご購入

在庫切れした2015年・2016年度版の
過去問を合本して販売中。

A4版総頁132頁 価格3410円〔税・送料込〕

購入する

NEWS

2019年度山の知識検定の正答率表を発表します。

2019年度山の知識検定の正答率表を発表します。
下記URLよりご確認ください。

ブロンズ
ブロンズ正答率表

シルバー
シルバー正答率表

ゴールド
ゴールド正答率表

「解答と解説」の誤表記について

2019年検定問題につきまして、シルバーコースQ59問の「解答と解説」の記述の一部に誤りがあることが判明しました。

P13 Q59の3行目、「2については、等圧線の向きから、西日本では南から南西の風となる(以下略)」は誤りで、正しくは「西日本では南から南東の風となる(以下略)」です。

誤:西日本では南から南西の風
正:西日本では南から南東の風

受検者の皆さまにはご迷惑をおかけしますが、お手元の「解答と解説」の修正をお願いします。

検定問題の誤りについて

2019年11月10日開催された「第9回山の知識検定」シルバーコースに出題された問題について、内容に誤りがあることが判明しました。
このため、当該問題についての措置について下記の通りとさせていただきたくお知らせ申し上げます。
受検者の皆さまにはご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、ご了承のほどお願い申し上げます。

Q6 選択肢4について「1350m付近では南側に開いている」として、これを正解としましたが、南側に開いているのは標高1400m付近であり、1350m付近は環形に閉じております。
このため、本問に正答はないため、全員を正解とする措置を取らせていただきます。

Q.8 ルートの記述からその地点を特定する問題ですが、選択肢c.の文中において、「北西に進む」との記述は誤りであることが判明しました。
正しくは「解答と解説」で記されている「北東」です。
このため、本問については受検者全員を正解とする措置を取らせていただきます。

Q.9 大山の写真と地形図を照合して「弥山」の位置を特定する問題ですが、編集の過程で写真に記載された地点記号がずれてしまい、正解を導くことができないことが判明しました。
このため、本問については受検者全員を正解とする措置を取らせていただきます。

Q.45 10座の南アルプスの「日本百名山」を北から並べる問題ですが、選択肢4の並び順を誤って記述し、鳳凰山と北岳の位置が入れ違っており、正解が存在しないことが判明しました。
正しくは「解答と解説」に記述した順番となります。
このため、本問については受検者全員を正解とする措置を取らせていただきます。

上記の措置につき、ご理解とご了承のほど重ねてお願い申し上げます。
今後とも、「山の知識検定」へのご理解とご支援をあわせてお願い申しあげます。

山の知識検定事務局

過去問「2015年・2016年ブロンズ・シルバー問題&解答・解説合本」売り切れ間近

過去問「2015年・2016年ブロンズ・シルバー問題&解答・解説合本」の在庫が残りわずかとなりました。
お求め予定の方はお急ぎください。
(増刷の予定はございません。)

新装版「安全登山の基礎知識」販売開始!!

山の知識検定公認ブック
新装版「安全登山の基礎知識」の販売を開始いたしました。
※「安全登山の基礎知識増補改訂版」と内容の変更はありません。
  ただし、巻末付録の過去検定問題は2018年ブロンズコースです。
なお、消費税の増税に伴い10月1日に価格が変更になります。
お求めはお早めに!!

アプリで賢く学習

スマホやタブレットで手軽に学べるアプリが登場しました。

今年からブロンズに加え、シルバーコース用のアプリも
開発されました。

いつでも何処でも、時間の空いたときにお試しください。

iPhone,Android版があります。

UKARU(学習・資格試験問題集アプリシリーズ)

UKARU