チャレンジ問題

次の山頂のうち、一等三角点が設置されている山はどれか?

  • 1. 富士山
  • 2. 赤岳
  • 3. 北岳
  • 4. 劔岳

答えと解説

<2>赤岳
富士山は二等三角点、北岳と剱岳は三等三角点が設置されている。一等三角点は山の高さとは直接関係せず、一辺が約45kmごとに設置され、その付近の見通しが良く、今後の地図作成と測量に便利な赤岳が選ばれた。

静岡県の安部奥にある「大光山」の正しい読み方を次から選びなさい。

  • 1. おおてかりやま
  • 2. だいこうさん
  • 3. おおひかりやま
  • 4. おおぴっかりやま

答えと解説

<4>おおぴっかりやま
【解説】1/25000地形図の「梅ヶ島」の安倍川上流地域を安倍奥と呼び、山伏を主峰とした馬蹄形の山脈の東側稜線上に位置する山名表記の ない1611メートルのピークを指す。

「三ツドッケ」、「芋木ノドッケ」、「大ドッケ」に代表されるドッケがつく山名がある山域を次のうちから選びなさい。

  • 1. 白神山地
  • 2. 丹沢
  • 3. 六甲山地
  • 4. 奥多摩

答えと解説

<4>奥多摩
「武蔵通志」にこの地方の方言として、尖った峰のことを「トッケ」と言うとある。この辺りが古代朝鮮系渡来人の痕跡の濃い場所で、これ以外にも「ウラ」、「マル」のように朝鮮系 の山名が散見されることから、朝鮮古語の「棘」、「尖る」にそのルーツが求められる可能性は排除できない。三ツ峠、高ドッキョウ等もドッケから転じた地名とされる。

次の南アルプス赤石岳の登山行程のうち、誤った順路のものをひとつ選びなさい。

  • 1. 湯折登山口~小渋川~広河原小屋~大聖寺平~小赤石岳~赤石岳頂上
  • 2. 椹島ロッジ~大倉尾根~樺段~赤石小屋~富士見平~赤石岳頂上
  • 3. 三伏峠~塩見岳~小河内岳~荒川前岳~大聖寺平~赤石岳頂上
  • 4. 便ヶ島~西沢渡~薊畑~前聖岳~兎岳~大沢岳~百間平~赤石岳頂上

答えと解説

<3>三伏峠~塩見岳~小河内岳~荒川前岳~大聖寺平~赤石岳頂上
選択肢3の三伏峠からの縦走ルートの塩見岳は、反対方向にあるので通過しない。正しくは、烏帽子岳~小河内岳~大日影山~板屋岳~荒川前岳を経て、赤石岳頂上に到達する。小渋川ルートは、ウェストンや小島烏水が赤石岳に登ったとされ、以前はよく使われたが、 現在では徒渉が必要なバリエーションルートである。

この花はウルップソウ同様、北海道と八ヶ岳、白馬岳周辺にしか自生せず、花期も早いのでなかなか見る機会が少ない。写真を参考にして、この花の名前をつぎのなかから選びなさい。

  • 1. ハクサンコザクラ
  • 2. ツクモグサ
  • 3. リシリヒナゲシ
  • 4. アツモリソウ

答えと解説

<2>ツクモグサ
ツクモグサは、キンポウゲ科で草丈10cm程度の多年草で、オキナグサの仲間である。上向きに咲き淡黄色、萼片の外側、花茎、葉に長く白い毛が密生するが、花茎も葉は後に無毛となるとされる。生育地が限定され、希少価値の高い高山植物である。中々一番いい時期に見られないことが多いが、葉や萼片など全体を覆う白い毛が生えた時が、この花の最も美しい姿だといわれる。

次の文は深田久弥の「日本百名山」の冒頭の一節であるが、その内容から次のどの山かを選びなさい。
「○○○はただ一峰を持って目立つ山ではない。それは「東遊記」の著者も言うとおり、「しんしとして指を立てたるごとく」峰が群がっている。青森あたりからその群山を眺めて、その峰の名前を一つ一つ指摘できる人は稀である(以下省略)」

  • 1. 十勝岳
  • 2. 岩木山
  • 3. 八甲田山
  • 4. 八幡平

答えと解説

<3>八甲田山
命名の由来について「新撰陸奥国志」によれば、八の(たくさんの)甲(たて)状の峰と山上に多くの田代(湿原)があるからという。周辺は世界でも有数の豪雪地帯で、2013年2月21日正午時点の積雪の深さが5メートル13センチとなり、全国の観測点の中で最大記録を更新した。明治35年に青森の歩兵第五連隊が雪中行軍の演習中に記録的な寒波に由来する吹雪に遭遇し、210名中199名が遭難した事件が発生、その事実をもとに新田次郎は小説「八甲田山死の彷徨」を書き上げた。

Pagetop