チャレンジ問題

山でよく使用する登山地図で5万分の1の縮尺の場合、1cmは実距離の何mでしょうか?

  • 1. 50m
  • 2. 100m
  • 3. 500m
  • 4. 1000m

答えと解説

<3>500m
地図には主に欄外にスケールが記入してあり、地図上の1cmが何㍍に当たるか記載されています。5万分の1の地図では2cmが1kmに当たります。男の人ではおおよそ親指の幅が2cmだと思います。よく親指を地図に当てて、距離を測ります。

高度が上がるにつれ、気温も下がってきます。では、100m高度が上がると、約何℃下がるでしょうか?

  • 1. 約0.1℃
  • 2. 約0.3℃
  • 3. 約0.6℃
  • 4. 約1℃

答えと解説

<3>約0.6℃
状況、地形により多少違いますが、高度が100m上がると気温は約0.6℃下がると言われています。富士山などの高い山に行く時は下界がどんなに暑くても山頂はどのくらい寒くなるか計算してウェアを持って行ってください。

日本で標高が一番高い山は富士山です。では、3番目に標高が高い山は?

  • 1. 槍ヶ岳
  • 2. 奥穂高岳
  • 3. 北穂高岳
  • 4. 赤石岳

答えと解説

<2>奥穂高岳
富士山の次に高いのは、南アルプスの北岳3193m、三番目は奥穂高岳3190m。長野県と岐阜県の県境にあり、中部山岳国立公園のうち穂高連峰にある名峰です。日本百名山、標高百名山などの資料もあります。机上で山の高さを楽しむのもいいものです。

キレットの説明で正しいものを次のうちから選びなさい。

  • 1. ピークとピークの間の標高がもっとも低くなったところ。
  • 2. 稜線がV字型に深く切れ落ちた場所。
  • 3. 山頂直下に見られる半椀丈の氷食凹地
  • 4. 川の流れによって川底が深くえぐれて谷になっている地形。

答えと解説

<2>稜線がV字型に深く切れ落ちた場所。
1.はコル(鞍部)、3.はカール、4.はV字谷の説明である。

日本で這松の南限とされている山は次のうちどれか?

  • 1. 聖岳
  • 2. 光岳
  • 3. 赤石岳
  • 4. 仙丈ヶ岳

答えと解説

<2>光岳
1/25000地形図「光岳」の光岳山頂周辺には這松が自生していて、地図記号で表示されている。また、深南部の丸盆岳山頂付近(2066m)にも這松が自生しているとの情報も多々ある。

国土地理院の地形図で使用している「ハイマツ地」の地図記号はどれか?

  • 1.
  • 2.
  • 3.
  • 4.

答えと解説

<2>
は「針葉樹林」、は「笹地」、は「荒地」を表す。

国土地理院の1/25000地形図で地図上の1cmは実距離で何mに当たるか?

  • 1. 500m
  • 2. 25m
  • 3. 2500m
  • 4. 250m

答えと解説

<4>250m
1cmに地図の縮尺の25000をかけると25000cmとなる。これをメートルに換算するには100cm=1mで割るとよい。従って、計算式は次のようになる。1cm×25000=25000cm 25000cm÷100cm=250mとなる。また、逆算すると4cmが1kmとなるので、歩行の際の目安とすることができる。なお、地形図の右下に記載されている縮尺スケールでも実距離を確認できる。

日本で一番高い山は富士山であることは誰もが知っている。それでは2番目に高い山は次のうちどれか?

  • 1. 奥穂高岳
  • 2. 槍ヶ岳
  • 3. 間ノ岳
  • 4. 北岳

答えと解説

<4>北岳
北岳の標高は三等三角点が設置された場所である3192.4㍍とされてきた。しかし、国土地理院は、登山者からの指摘を受けて、2004年10月、現地調査を行い、最高地点を測量した結果、標高を3193㍍に改定すると発表した。

日本百名山、ぐんま百名山にも選ばれている「武尊山」の正しい読み方は、次のうちどれか?

  • 1. ほたかさん
  • 2. ぶそんさん
  • 3. たけるやま
  • 4. たけみことやま

答えと解説

<1>ほたかさん
日本武尊からその山名がつけられたとされ、沖武尊を中心に2000㍍を超える峰が連なる。北アルプスの穂高岳と区別するために、「上州武尊」とも呼ばれる。1/25000地形図の「藤原湖」に収録されている。

右岸と左岸の正しい記述がされているのは、次のうちどれか?

  • 1. 沢の下流から上流に向かって眺めたとき、右側を右岸、左側を左岸と呼ぶ
  • 2. 沢の上流から下流に向かって眺めたとき、右側を右岸、左側を左岸と呼ぶ
  • 3. 沢の岸の傾斜の強い側を右岸、反対側を左岸と呼ぶ
  • 4. 南北方向に流れる川の東側を右岸、西側を右岸と呼び、東西方向に流れる川は北側を右岸、南側を左岸と呼ぶ

答えと解説

<2>沢の上流から下流に向かって眺めたとき、右側を右岸、左側を左岸と呼ぶ
財団法人河川管理財団の資料によると、「昔、上流に住む人たちは、暮らしに必要な物資が下流の町から舟で運ばれてくるのを、川を見つめて待ちわびたことから、川下に向かって右岸、左岸と呼ぶようになった」との説を紹介している。

登山中の水分摂取の目安は最低一日2000ml以上とされる。次の中から正しいものを選び、水分補給を求める計算式を完成させなさい。
《計算式》5ml×(    )×行動時間

  • 1. 体重(kg)
  • 2. 歩く距離(km)
  • 3. 標高差(m)
  • 4. 荷物の重さ(kg)

答えと解説

<1>体重(kg)
登山中の水分摂取量は、体質や行動内容、天候などによって変化するが、平均的には1時間に体重1kgあたり約5mlの脱水が起こるといわれる。この数値は、荷物の重さや季節、山の高さでそれほどの変動がない。脱水が体重の2%を超えると体のトラブルが発生しやすくなるといわれており、登山口でまず一口飲んで、体内に水を蓄えておくのがよい。

次の天気記号のうち、雷を表すものはどれか?

  • 1.
  • 2.
  • 3.
  • 4.

答えと解説

<3>
1.は雪、2.はあられ、4.はみぞれの天気記号である。

高度が上がるに従って大気の気温が下がっていくことを気温減率というが、高度が100m上るごとに気温は約何℃下がるか

  • 1. 0.3℃
  • 2. 0.6℃
  • 3. 0.9℃
  • 4. 1.2℃

答えと解説

<2>0.6℃
地表に近い対流圏では、太陽放射によってまず地表が暖められ、暖まった地表から熱が宇宙へと逃げていく過程の中で大気を下から暖めていく。これにより地表に近い方が気温は高くなる。高度に対する気温低下の割合は、日本付近では平均して0.5~0.6(℃/100m)であり、世界的にはO.65℃が平均的な気温減率となる。

最近の登山ブームのきっかけにもなっている日本百名山の著者は誰か?

  • 1. 小島烏水
  • 2. 深田久弥
  • 3. 槇有恒
  • 4. 串田孫一

答えと解説

<2>深田久弥
日本百名山は、文筆家で登山家でもあった深田久弥が名峰百座を選び、「日本百名山」として1964年(昭和39年)に新潮社から発行された。氏は「山の品格・歴史・個性」を兼ね備え、かつ原則として標高1500㍍以上の山を基準に選定したと述べている。

次の登山用具についての説明のうち、正しいものはどれか?

  • 1. ザックの背負いベルトは、なるべく長くした方が格好いい
  • 2. アンダーウェアは肌触りのいい綿素材が適している
  • 3. 雨具はゴアテックス等の防水透湿性素材が優れている
  • 4. 夏は汗をかくので山用のシャツは長袖よりも半袖がいい

答えと解説

<3>雨具はゴアテックス等の防水透水素材が優れている
雨具は上下に分かれるセパレートタイプで、雨をはじくゴアテックス等の素材を使うことが望ましい。ゴアテックスは、1976年アメリカゴア社のロバート・ゴアが発明した素材でフッ素樹脂の一種であるPTFEを延伸加工した多孔質フィルムで、ナイロンなどの生地にラミネートされる。水滴の5000~2万分の1程度の非常に小さな孔が開いており、水滴は通さないが、水蒸気は通り抜けるには充分な大きさであるため、自由に外に放出して蒸れを防いでいる。

次のうち、日本三大雪渓に含まれないものはどれか?

  • 1. 乗鞍大雪渓
  • 2. 針ノ木大雪渓
  • 3. 剱沢大雪渓
  • 4. 白馬大雪渓

答えと解説

<1>乗鞍大雪渓
針ノ木大雪渓、剣沢大雪渓、白馬大雪渓は、そのスケールの大きさから「日本三大雪渓」と呼ばれている。真夏でも残雪が残り、ひんやりとした空気の中を歩くことができる。槍沢雪渓を加えて、四大雪渓と言うこともある。

江戸時代の浄土宗の僧で槍ヶ岳に初登頂したのは、次のうちだれか?

  • 1. 播隆上人
  • 2. 南裔和尚
  • 3. 円空
  • 4. 弘法大師

答えと解説

<1>播隆上人
越中の国に生まれ、生涯の殆どを一介の苦行僧として過ごし、1824年(文政7年)、笠ヶ岳登頂で対峙する槍ヶ岳への登山を決意し、1828年に初登頂を果たす。その後、多くの人が山頂まで登れるようにするため、槍の穂に鉄鎖を掛ることに奔走した。JR松本駅前には鋭鋒を見つめる上人の孤高のブロンズ像がある。

Pagetop