ヤマケンSTAFFブログ

受検対策 ワースト10を振り返ろう! その6

こんにちはHooterです。
今回も「山の動植物」のジャンルから。

 

第8位  問30 写真からコシアブラを選ぶ           正解率51.1%

 

 

山の植物の中でも、「山菜」に関する問題です。
このジャンル、昨年秋にお届けした傾向と対策から全く抜けていた出題でした。

 

山の動植物は4~5問程度が出題されますが、植物については高山植物がほとんどなので、合格だけを考えるのであれば、高山植物に集中して対策をたてておけば大丈夫です。

 

では、山菜分野は解けないかというと、実はこの問題、平成23年に行われた第1回目の検定で、全く同じ問題が出題されているいわゆる「過去問」なのです。
これが当時の問題です。(自分が受検した時の問題用紙なので書き込みがあります)

 

そこで、今回は「過去問」について探ってみました。

ブロンズコースは過去7回行われ、毎回80問近くが出題されるので、500問以上の過去問がストックされたことになります。
そして、検定は全部が新たな問題というわけではなく、こうしたストック問題からも出題されます。

 

ブロンズコースでは問われる知識は、知っていてもらいたい基本的なものがほとんどです。7年間で大きく変わることはなく、「勉強してほしい」「ここまで知っていれば十分」という知識を確認するのに過去問がベストなことが多くあります。特に4年以上前の初期の頃のものは事務局が「出題したかった」問題の宝庫です。

 

それなら去年の過去問はそのまま出題されないの?最近の過去問は意味がないの?と思う方がいるかもしれませんが、これは大間違い。

 

全く同じ問題は出なくとも、「傾向」を知るには最近数年の問題が重要です。
新しい問題は「検定本」の執筆者が分野ごとに担当して作成することが多く、執筆者ならではの傾向があります。また問題作成時に、最近の過去問を参考にする場合もあります。

 

さらにヤマケンは「範囲」「水準」が明確にしにくいことがおもしろいところです。山に関する知識は裾野が広いうえ、登ったことがあるかないかで受けとめる難易度も異なります。
そこで、最近の過去問をとくことで、北アルプスならこのぐらいの知識が問われているのか、道具についてはこのぐらいは知っておかなければいけないのかなど、問題のレベルと自分の現在の知識水準との差を確認できるのです。

 

ヤマケンも回数を重ねるとともに、問題のレベルや出題方法も成熟してきています。そう意味でも最近の問題を解いておくことが「合格への近道」になります。

 

そこで、過去問の活用を自分なりにまとめました。

 

<過去3年より昔の問題>
出題されないか、出題されてもせいぜい1~2問の分野は、古い過去問をといて、その出題に関する事項だけをおさえておきましょう。
今回の山菜の問題や山の歴史などがこれにあたりますかね。

 

<過去3年の問題>
出題の傾向を確認するとともに、正解の選択肢よりも、他の選択肢についてよく調べておきましょう。
また問われた内容を他の山について当てはめてみることも対策になります。

 

ということで、重要なお知らせです。

 

まずは、最近の過去問!
なんと過去問集が出版されました <パチ、パチ>
ダブル受検にも便利なブロンズ、シルバーコースの合本です。

 

http://yamakentei.shop35.makeshop.jp/shopbrand/ct15/から申し込めるようです。

 

次に、3年より前の過去問が手に入らない!という方
大丈夫です。

 

古い過去問はブログやツイッターで紹介していこうと思います。
フォロワーさんがいないと事務局からの協力が得にくいので、後押しのフォローをお願いします。

 

こちらです。
@yamaken_hooter
https://twitter.com/yamaken_hooter

 
受検者、合格者のネットワークにしていきたいので、フォローをまってます!
 

そういえば、山菜についての対策に全くふれませんでしたね・・・。

 

次回も、引き続きブロンズのワースト10を紹介します。
今回同様、次の更新まで間が空くかもしれませんが、年度の境目ということでご容赦ください。

Category: blog

受検対策 ワースト10を振り返ろう! その5

こんにちはHooterです。久々の更新です。
検定までは日にちがありますが、事務局は準備を着々と進めています。
スタッフブログも更新していきますのでお付き合いください。

 

今回は第4位の問題をとりあげます。

 

問26 高山植物と生育環境との誤った組み合わせを選ぶ 正解率39.6%

 

 

 

苦手とする受検者も多い「山の動植物」のジャンルがテーマです。
ブロンズコースは今回13のジャンルから出題されましたが、「山の動植物」は「山の歴史」、「山の雑学他」とともにワースト3に入っています。

 

<山の動植物ジャンルでの対策のポイント>
植物は「高山植物」をおさえましょう。出題のほとんどが高山植物に関する問題です。余裕があればキノコや山菜に眼を向ければ大丈夫です。

 

高山植物は、
1 知っておきたい高山植物
2 色で覚える
3 生息環境で覚える
4 県の花を覚える
が対策のポイントです。

 

その際ですが、写真と名前を一致させるのがポイントです。
「検定本」は高山植物には触れていないのでネットで検索してもいいのですが、次の本がお勧めです。

 

高山植物の基本 PEAKSBOOK

山の事故で亡くなられた新井和也さんの著書です。ブロンズコースにはぴったりの本です。
新井さんは多くの高山植物の本を執筆されています。

 

1 知っておきたい高山植物
ハクサンイチゲ
チングルマ
コマクサ

 

2 色で覚える
白・クリーム系、黄色系、青紫系、赤紫系
特に、白系のハクサンイチゲ、チョウノスケソウ、キタダケソウ、チングルマと、黄色系のシナノキンバイ、ミヤマキンバイ、ミヤマキンポウゲは違いをみておきましょう。

 

3 生息環境で覚える
やや難易度が上がります。
砂礫地、岩壁、草原、岩角地、崩壊地、雪解け地などで区分けして代表的な高山植物を覚えておくといいでしょう。
砂礫地のコマクサは必須です。

 

4 県の花
石川県の花のクロユリは、逸話を含めて必須です。

 

<出題の解き方>
うーむ、一見したところ難しい問題ですね。
これは前回紹介した「間違っているもの」を選ぶ問題。ということは明らかに間違いの問題を見つけられればOKです。

 

ここで「チングルマ」をどれだけ知っているかが分岐点。
「木」であることと「稚児車」の由来をまず知っておきたいのですが、「チングルマ」は雪渓周辺の草原に生える代表的な高山植物なのです。
北アルプスに登られた方で残雪があるカール地形に生えるチングルマが記憶にあれば、「乾いた草地」が間違いだと判断すると思います。

 

ですが、・・・ここまで事前に対策を立てるのは相当な準備をされた方。余裕でブロンズコースを合格されるでしょう。

 

ということで、やや「捨て問」かもしれません。

 

<まとめ>
シルバー寄りのレベルの高い問題は「捨て問」感覚で気楽にときましょう。基本的な問題を落とさないことが大切。

 

今回の検定では、問28「高山植物の女王」、問29「ハイマツの南限」、問31「ハクサンイチゲ」、問32「クロユリ」は正解したい問題です。

 

○ 処方箋
しいてあげれば、山で高山植物をみるときに、カールや岩稜地帯など生息していた場所(環境)をセットで写真に撮っておくといいです。

 

<練習問題>
問1 高山帯の岩壁や岩角地で主にみかける高山植物を次の中から選びなさい。
1 ハクサンフウロ
2 コマクサ
3 シナノキンバイ
4 イワウメ

 

問2 次の中から白・クリーム系の高山植物を選びなさい。
1 ツクモグサ
2 イワベンケイ
3 チシマギキョウ
4 ハクサンシャジン

 

正解はツイッターで

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

<振り返り>
昨年掲載した受検対策でも、今回のようなことを書いています。
http://yama-kentei.org/?p=2649

 

次回も植物の続きです。これも難しい問題ですね。

 

TWITTERで更新情報を送ります。以下をご覧ください。

*******************************************

 

ツイッター始めました!

 

こちらです。
@yamaken_hooter
https://twitter.com/yamaken_hooter

 

ヤマケンの専従スタッフではないので、
頻繁には更新しませんが、当面はブログの更新などお知らせします。

 

合格された方、これから受検する方が繋がる場所にしていきたいと思っています。
いろいろ企画も考えていきます。

 

ちょっとヤマケンに興味があるようでしたらフォロー、リプをお願いします。

Category: ブログ, 傾向と対策

「過去問集2015.2016版ブロンズ&シルバー」完成

在庫切れした2015.2016年度版の過去問を合本して一冊にまとめました。A4版総頁132頁の厚い本です。お求めは山の知識検定のウエブサイトから。価格3348円〔税・送料込〕

Category: blog, news