ヤマケンSTAFFブログ

受検対策 シルバーコースを振り返ろう! その1

こんにちはhooterです。
7月に入りました。夏山シーズンもまもなくですね。

 

私はというと、かなり忙しい日々を送っており、連載も間隔があいてすみません。
今回から、シルバーコースのワースト問題を振り返りながら、あわせて受検対策を掲載します。

 

今日はシルバーコース全般のことを書きます。
昨年度実施したシルバーコースの合格率は49%でした。ブロンズコースが82%ですから、30ポイント近い差があります。

 

だから、「シルバーコースから急に難しくなりすぎる!」
という声がそれなりにあるそうです。

 

では、合格率の差の分だけシルバーが難しいかというと、自分はそうではないと思います。

 

そう思える理由のひとつに、ブロンズとシルバーの同時受検があります。
検定会場が東京、大阪に限られるので、遠方からの受検の手間を考慮して同時受検制度を導入したと聞いています。それでも昨年から名古屋が加わり3会場になったのは、すごいのですが・・・

 

だから、ブロンズ対策を中心に取り組んだ方が、シルバーを受検すれば、「難しすぎる」と思われてるのも無理のない話です。

 

そしてシルバーコースは、ブロンズの出題項目をやや難しくしたというものではなく、シルバーはシルバーとして問題が作られています。例えば、地図読みなどより実践的な知識をはじめ、雪山やクライミング、海外の山などなど。

 

ブロンズ ⇒ シルバー ⇒ ゴールド と3年をかけて、一歩一歩より難しい山を目指す感じで挑戦すれば、時間的にも十分対応できます。

 

同時受検をされ、同時合格を狙うのであれば、視点をシルバーにおいて取り組むことが必要です。
同時受検を検討される方で、ブロンズコースの問題も難しいと思われる方は、結構大変だと思います。

 

さて連載の方ですが、ブロンズコースを合格した方を意識しながら書いていきます。

もちろん同時受検の方にも役立つものにします。
ブロンズコースを受検する方は、昨年スタッフブログで掲載した内容を是非読み返していただき、ノートなどに整理してほしいです。

 

それでは、次回から振り返りと対策を紹介します。

 

*************************************

 

ツイッターはじめてます。
ひとりでも多くの方にフォローしてもらえると嬉しいです。

 

@yamaken_hooter

 

https://twitter.com/yamaken_hooter

 

リプを活用して、いろいろな交流があるといいですね。
これから受検の方、大歓迎です。
フォロワー数がまとまれば、企画の告知などもしていきます

*************************************

Category: blog, ブログ, 傾向と対策

受検対策 ワースト10を振り返ろう! その8

今日はHooterです。
久々に掲載します。

 

ブロンズコースのワースト問題は今回が最終回になります。
ワースト1がこれです。

 

問75 煮物やご飯を炊くのに適さない鍋の素材 正解率 25.9%

 

「装備・食料」分野からの出題でした。
全体の正解率の高さに対し、正解率が約25%なのは正直不思議です。
もっと正解率が高くてもいいと思います。

 

では、これまで紹介したことを使ってQ75を解きましょう。

 

「適さないもの」を選択する問題です。
誤ったものを選ぶ問題は、選択肢にわからないことがあっても「明らかに間違い」な選択肢をみつければよかったのでしたね。

 

ご飯を炊くのに適する道具について、ご家庭の鍋を想像してください。
ステンレス鍋やアルミ鍋ってよく耳にしますよね。
ホーロー鍋は料理をする人だとわかるかも。ル・クレーゼは有名ですね。

 

この段階で正解がでますね。
なお、ホーロー鍋は重いので「キャンプ」でということが正解の条件ですね。山に運ぶには重い。
最初にステンレス、アルミ、チタンとあって、選択肢がたりないのでホーローを付け加えた印象があります。

 

ホーローを知らない場合は、山の道具からチタンを考えましょう。
山道具としてのチタンの魅力は「軽さ」です。
そして「熱伝導率が高い」ことがチタンのもう一つの魅力。
しかしお湯を沸かすコッヘルはあっても、それでご飯を炊くところをみないですよね。

 

原因を考えると、ご飯を炊くために必要な「火加減の操作」にはチタンは適さないとわかりますよね。
そこで「チタン」が正解だと導くことができます。

 

最終回としてポイントを述べるとすれば
「何故そうなるのかを考えよう」ということです。

 

もうひとつゴールドまで見据えるならば
山の現場で実践してみることも大切です。

 

<昨年の試験対策>
これは前回のブログをお読みください。
ただ素材に関する練習問題を出題しています。
http://yama-kentei.org/?p=2799
 

すべてではないのですが、ブロンズコースのワースト10をいくつか紹介しました。

 

次回からはシルバーコース
ブロンズコースの方も是非おつきあいください。役に立てると思います。

 

更新情報をツイートします。
フォローお願いします。

@yamaken_hooter
https://twitter.com/yamaken_hooter

Category: blog, 傾向と対策

受検対策 ワースト10を振り返ろう! その7

こんにちはHooterです。
久しぶりの更新になってしまいました。すみません。
 
公式HPがリニューアルされ、今年度の検定の情報がアップされましたね。
事務局では少しづつ準備が進んでいるようです。

 

今回はワースト第5位です。

 

第5位  問73 ウールの特徴について誤った説明を選ぶ   正解率40.9%

 

「山の道具」がテーマです。

 
ザック
登山靴
ウェア
ストック(トレッキングポール)
テント
シュラフ
コッヘル
ガスバーナー
などがしばしば出題されます。

 

<山の道具の検定対策>
それぞれの道具の使い方や保管方法などを総合的に把握しておくことが大切です。
例えば登山靴では「保存方法についての説明として間違ったものを選びなさい」と出題される一方で、「登山靴についての説明として間違ったものを選びなさい」と出題され、選択肢の一つに保存方法が問われることがあります。
 

それは「保存方法などの事項だけで4つの選択肢をつくるのは以外と難しいから」とズバリ考えます。

 

例として特別に問76(正解率83.1%)をみてみましょう。

 

質問はシュラフ全般についてです。

 

でもよくみると、選択肢1と4はシュラフの形(種類)に関する問題です。これだけでは問題にならないため、保管やフィルパワーも選択肢に加えた感じがします。

 

1つの道具について覚えることが多い印象がありますが、道具の一つ一つについては覚えておくポイントは限られるということでもあります。

 

<山の雑誌の活用>
では、どんなことを把握したらいいのか。
検定本では高橋庄太郎さんが道具を紹介しているので、まずはこれらについて理解を深めましょう。
そこでオススメしたいのが山雑誌の活用です。

 

山雑誌は登山製品のPRも兼ねて、道具に関する記事や特集が頻繁に掲載されます。そこにはあわせて使い方や保管方法に関する基礎知識を紹介していることがあります。ポイントを絞って編集していて読みやすいので、自分にとってわかりやすい記事はスクラップすることをお勧めします。シルバーコース以降にも役立ちます。
こうして知らなかった記事があれば追加でスクラップし、知識を増やしていけばいいかと思います。

 

<ブロンズコースでのポイント>

 

全般的 ⇒ 各部の名称
ザック ⇒ 調節の仕方、パッキングの基本
登山靴 ⇒ 保管方法、ソールの老朽化
ウェア ⇒ 繊維ごとの特質、アウターとレイアリング、フィルパワー
ストック(トッキングポール) ⇒ 調整と持ち方、石突き
テント ⇒ 構造、張り方、テントに必要なロープワーク
シュラフ ⇒ 形、フィルパワー、快適な使用温度、ダウンと化繊
コッヘル ⇒ 素材
ガスバーナー ⇒ 種類、安全な使用方法、ガソリン

 

といったところでしょうか。

 

シルバーコースでは
クライミングで使うロープやカラビナなどの道具
アイゼンやスノーシュー、ワカンなどの積雪期・残雪期での道具
ハイドレーションやヘッドライト、GPSなど山行の現場で使う道具全般について深めてください。

 

<問73を解いてみる>
「間違っている」ものを選ぶ問題ですから、明らかに間違っている選択肢を探すのが基本でしたね。
しかし、ウール以外の素材を知らないと何を指すのかわからないですよね。

 

最近では「岳人」が4月号で「合成繊維」をとりあげていました。「山道具に使われる繊維」は整理されていてこういう情報をスクラップしておきたいです。
いずれにしても、天然繊維である綿とウール、化学繊維(合成繊維)がわかれば第一関門通過。

 

素材がどんな感じかがわかれば、日頃着ている服にあてはめてみましょう。「綿(コットン)」は肌触りがよくアンダーシャツやジーズンとして街中できますよね。でも汗(水分)を吸い込むと乾かないので山では着ないでよすよね。運動シャツには「ポリエステル」が多いです。こちらは乾きやすい分、汗を吸わないのでベタつきますよね。
「ウール」はどうでしょうか。山の服として耳にしますよね、「あったかい」けど肌触りがチクチクするのがねという人も。代わりにメーカーが出している肌触りのいい繊維の服は「吸湿速乾」がウリ。山の素材は「汗(水分)を吸って」外に放出させる必要があるとわかります。
これに気づけば第二関門通過で、「水分自体は吸い込まない」表現は違うだろうとなり、これが正解とわかります。

 

<まとめ>
今回のまとめです
・山の道具対策は全般的な知識が問われる。
・山の雑誌を活用して整理された形で知識を増やす

 

<昨年掲載したブログでの対策>
山雑誌の活用と書きましたが、ポイントは整理していますので、雑誌を読む際の参考にしてください。
3回にわけて掲載しました。
http://yama-kentei.org/?p=2709
http://yama-kentei.org/?p=2717
http://yama-kentei.org/?p=2722

 

*********************************************

 

ツイッターを開設しています!
受検者、合格者のネットワークとして活用していきたいので是非ともフォローをお願いします。
こちらです。
@yamaken_hooter
https://twitter.com/yamaken_hooter

 

次回はブロンズのワースト10紹介の最終回、ワースト1で総合復習です。

Category: blog, ブログ, 傾向と対策