}PSTAFFuO

富士山・お庭の看板

バラ11.8-11-7
問1:富士山・御庭の展望台にこのような看板が建っていました。風雪で一部読めません。空欄に当てはまる□に言葉を入れなさい。
山に登っていくと気温が次第に低くなってきます。気温は100m登るごとに約0.6度の割合で下がると言われています。
山麓に多かった植物も標高が高くなるにつれて少なくなり、気温の低い場所に生活する別の植物に入れ替わりす。このような高さによる植物相の変化を植物群落の□□□□と呼んでいます。
同じ気象条件の下では、どの山でも同じような□□□□が見られますが、新しい火山の富士山では、中部日本の他の山とは異なった独特の□□□□が観察できます。
高山帯2400m以上:○1□□□□
亜高山針葉樹林帯1600~2400m:○2□□□□
夏緑広葉樹林帯900m~1600m:○3□□□□
問2:空欄○1○2○3に当てはまる植物名を下記から選びなさい。
1.カラマツ、コメツガ2.オンタテ、ミヤマオトコヨモギ3.ヒノキ、アカマツ

Category: 未分類