}PSTAFFuO

ふるさとの山

 

 

詩や俳句、短歌などに、山を題材にしたものもたくさんある。学校で習ったこともあると思うので思い出してもらいたい。まずは、簡単の問題。

 

望郷と漂泊の詩人・石川啄木は、1886年岩手県玉川村に生まれました。明治35年「あこがれ」を刊行。代用教員や新聞記者の生活をしながら「一握の砂」出版。26歳の短い生涯ながら、近代短歌史に輝かしい一頁を刻んでいます。

先日、へー助はこの山に登りました。盛岡駅前にたつ石川啄木のこの歌は教科書にも載るほど有名です。では、ここに読まれている山はどこでしょうか?

 

ふるさとの山にむかひて

言うことなし

ふるさとの山はありがたきかな

 

1.岩手山  2.早池峰山  3.姫神山  4.岩木山

Category: 未分類