}PSTAFFuO

名古屋会場決定しました

ヤマケンは今年から名古屋でも開催します。会場は名古屋ダイヤビルディング2号館です。名古屋周辺の山好きの方、是非チャレンジしてください。

Category: blog, news, ブログ

2017年実施要項固まる

2017年11月12日に平成29年山の知識検定を実施します。今年から名古屋でも会場を設置します。中京方面の方には便利になると思います。詳細はホームページを

Category: news, ブログ

ヤマケンチャレンジ問題のうち、シルバーコース問題の誤植のお詫び

25000分の1地形図の滝記号が表示される落差を問う問題で、数字の表記が誤っていましたので

以下のとおり訂正させていただきます。

1.3㍍ 2.5㍍ 3.10㍍ 4.15㍍

Category: news, ブログ

正答率表シルバー

%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc2016s%e3%83%a4%e3%83%9e%e3%82%b1%e3%83%b3%e6%ad%a3%e7%ad%94%e7%8e%87%e8%a1%a8

Category: news, ブログ

出題のお詫びと訂正

ブロンズコースとゴールドコースの問題のうち、下記のとおり正解の修正を行いました。お詫びを申し上げ、ご了承をお願いいたします。

ブロンズコースQ70(展望図の設置された山を選ぶ)問題について燕岳の標高が誤っていました。正解とした選択肢2に加えて他の選択肢もすべて正解として採点しました。

また、ゴールドコースQ35(夏期の富士山登山期間中に静岡県で発生した遭難原因の順位を選ぶ)問題について受検者からグラフ表示が正確ではないとの指摘があり、正解とした選択肢1に加えて選択肢2も正解として採点しました。

Category: news, ブログ

検定結果報告

採点結果のご報告

ブロンズコースの最高点95点、平均点78.0点 合格率84%。

シルバーコースの最高点84点、平均点68.0点 合格率 71%

ゴールドコースの最高点54点、平均点42.5点、合格率 31%

 

 

 

 

Category: ブログ

東京新聞に紹介されました。

東京新聞朝刊(2015/10/15) 「検定はじめま専科」のコラムに紹介されました。東京新聞は過去[岳人]を出版していたところで、山には理解があります。

その中で紹介されていた問題

問1:日本で二番目に高い山は?

問2:日本で最も東にある百名山名山は?

Category: blog, ブログ

何か変だ?

先日山梨県の「道の駅はくしゅう」に立ち寄った。北杜市の案内看板に描いてある南アルプスの絵図を見ていたら何やら変だと気がついた。皆さん、お分かりですか?ヤマケン問題ではシルバーコースレベルだと思います。
八ヶ岳も間違っているのは困りものですが、これは少し難しい

Category: ブログ, 未分類

もう、道に迷わない]野村 仁著 (ヤマケイ新書)

毎年一千人以上の人が道に迷って遭難している。どうしたら道に迷わないか、万一迷ってしまった時の対応などを多くの事例を分析し、この本は解説している。

著者の野村仁さんは[登山とは、自然の中をのんびり旅することではない。強くなりたいためにいろいろと努力をした人が、自然の力を信じて山頂に向かい、無事に帰ってくることなのである]

 

Category: blog, ブログ

投稿問題 神奈川県 I さん

神奈川県のIさんから問題の投稿がありました。チャレンジしてみてください。
Q1  日本に「山」「岳」の名前が付く山は国内にいくつあるでしょう。
  1.約8000         2.約17000         3.約25000        4.約32000
Q2 都道府県別で 山の数が一番多いのは面積の広い北海道ですが(1281山)、第2位の都道府県はどこでしょう。
 1.長野県    2.岩手県   3.新潟県   4.福島県
Q3  日本一高い山は富士山。では日本一低い山はどこでしょう。
 1.天保山(てんぽう山・大阪府)    2.大潟富士(秋田県)   3.蘇鉄山(大阪府)   4.日和山(ひより山・宮城県)
解答:Q1-2     Q2-3     Q3-4
   *Q4はいろいろな解釈ができるので4が正解でよいのか自信がありません。
参考文献:「山の常識 釈問百答」  釈 由美子   ヤマケイ新書 山と渓谷 2014年12月25日発行
Category: blog, ブログ

ゴールドコースの正答率

ゴールドコースの正答率ベスト3.ハーネスとロープの結束方法は100%、自立した登山者の条件の問題93%、気象遭難防止チャートの穴埋め90%。さすがにゴールドの受験する方はリーダーをしているのでしょう、ロープワークはお手のものでしょうか。

ワースト3は、両白山地の説明14%、白馬岳大量遭難事故時の天気図、トムラウシのアイヌ語の意味21%です。また。写真からチョウノスケソウを選ぶ問題も似たような花がたくさんあり迷ったのではないでしょうか?ロープの結束は厳しく判定しました。正しい結び方は奇麗に結べるはずです。もう一度ご確認ください。

Category: blog, ブログ, 傾向と対策

シルバーコースの正答率ワースト3

シルバーの問題で難しかった問題は、問5.国土地理院の地形図に入っている透かしは?の問題16%、よく手に取っているわりには知らなかった人が多かったようです。問73.円空が開山されたという山は?18%、問.29熱中症と無関係な要因19%。そのはかコマクサの群生地の条件や擬似好天の天気図を選ぶ問題なども正解率が低かったようです。

Category: blog, ブログ, 傾向と対策

シルバーコースの正答率ベスト3

シルバーコースの問題でよく出来た問題は、問10 道迷い時のリーダーの対応100%、問19 ハンディGPSの測位条件、問32 登山のルールとマナー、問7 積雪期の休息場所の選定、問11 ヘリコプターへの救助サインなどが高得点でした。やはり安全に直結する問題はよく出来ていました。

Category: blog, ブログ, 傾向と対策

ブロンズコースの正答率ワースト3

ブロンズコースで難しかった問題は、問16 石転び沢の注意看板の穴埋め問題33%、問10 第3次マナスル登山隊の隊長を選ぶ問題33%、問44中央分水嶺の山を選ぶ問題39%です。そのほか山と温泉の組み合わせ、地形用語、ふるさと百名山の組み合わせなども正解率がよくありませんでした。普段から何気なく地図をひろげている習慣ともう少し山の経験を積めば出来るのではないでしょうか?

Category: blog, ブログ, 傾向と対策

ブロンズコース正答率ベスト3

ブロンズコースの正答率が出ました。問51 熱中症の対応と処理は100%、問21 「岳・山登り10訓」に例を取った登山計画書を埋める問題99%、問61 天気記号を当てる問題98% 問11 具合の悪い登山者を見つけたときの対応98%、問74 登山靴の手入れ98%でした。その他、低体温症の予防やスズメバチの対応など安全に関する問題は皆さん翌出来たようです。

Category: blog, ブログ, 傾向と対策

大人の山岳部

本屋で良い本を見つけた。「大人の山岳部」笹倉孝昭著・東京新聞社刊。クライミングの用具や技術、登山計画、読図、雪山技術など最新の理論で解説している。阿部亮樹さんのイラストと豊富な写真で読みやすい。シルバーコース、ゴールドコースを受験する人はためになると思います。

Category: blog, ブログ, ヤマケン図書室

剱岳の難所

剱岳の登山道には鎖を捉まって登らなければならない難所があります。そこの難所には動物の名前がつけられています。では、その動物は何でしょうか?

 

1.虎  2.熊  3.蟹  4.麒麟

Category: ブログ, 難問・愚問・イチャモン

立山開山伝説

 

1300年以上前、大宝元年(701年)、越中国守の息子・佐伯有頼が逃げた白鷹を追って山に入って得行くと突然○○に遭遇。矢を射ると○○は血を流して洞窟に入っていきました。洞窟の中には胸に矢が刺さった阿弥陀如来が佇み[立山を開くために、おまえを導いた]と告げたのが立山開山の由来です

 では、問題。

文中の○○に当てはまる動物は何でしょうか?

1.熊  2.鹿  3.猿  4.狼

 

 

*室堂の近くに立山信仰の聖地・玉殿岩屋があります。ここで阿弥陀如来が佐伯有頼に立山開山を命じたとされています。立山に来ても、剱岳とか立山の方とか室堂周辺には目もくれず、先を急いでいる人が多いのではないでしょうか。へー助もそうでした。初めて室堂の周辺を見てきました。写真は玉殿岩屋です。

Category: ブログ, 難問・愚問・イチャモン

日本最古の山小屋

この小屋は現存する日本最古の山小屋として重要文化財にも指定されている建造物です。立山の霊地としての歴史は古く、奈良時代の後半には信仰活動が行われていた痕跡が確認されています。江戸時代には活発な布教活動により参拝目的の登山者が増え庶民化してきました。庶民の立山登拝にはガイドが同行していました。

立山のガイドをなんて呼ぶでしょうか?   

 1.中語(仲語) 2.御師  3.先達  4.先生

 *立山には何度も山登りに出かけていますが、改めで、[立山室堂]の最古の山小屋を見るのは初めてです。中はちょっとした博物館のようになっていて、立山信仰の歴史がよく解るようになっています。

Category: ブログ, 難問・愚問・イチャモン

問題編成会議開催

お盆の時期はいつも八ヶ岳でスタッフが集まり問題を選択します。山にも登らず、部屋に閉じこもって問題を編成します。これから本格的に準備に取りかかります。11月の検定をお楽しみください。

それにしてもゴールドの問題は難しいですね。

Category: blog, ブログ